株式会社 香瑛住研【一宮市】

アンティークな新築住宅で住まう

事務所からのご案内
ていねいに、自分らしく、暮らしを育てていける住まい。

香瑛住研は「こつこつ、じっくり」お客様に満足していただくための家づくりを行います。香瑛住研は「こんな家づくりがあったんだ!」と驚くお客様の顔を思い浮かべながら、家づくりを行います。良い家を造る事。お客様に笑顔になっていただく事。何十年先の未来「香瑛住研に任せて良かった」とおっしゃっていただく事が、私たち香瑛住研の何よりの喜びです。

想い・コンセプト

私たち香瑛住研は年間建築棟数約5棟の小さな工務店です。営業マンは一人もいません。
ですから、私たちに家づくりを任せてくださるお客様との出会いを、一つとして無駄にすることは出来ません。

  1. 職人
    職人の仕事を言葉にすると「手間をかける」の一言で表されます。
    ひとつひとつの柱の組み合わせ、板の合わせから、クロスの貼り方まで、面倒を厭わずきっちり丁寧に仕上げる。一見きれいに見える出来上がりでも、その裏、つまり土台がしっかりしていなければ10年、20年という長い目で見た場合、大きな違いが出てきます。良い職人が建てた家は、この日本の風土の中で風雨雪、紫外線、埃にさらされ、家主に使い込まれて確実に生き続けます。
  2. 丁寧
    じっくり、腰を据えて
    家の仕上がりの良し悪しは、いかに職人に本来の仕事ができる環境を整えるか?この一点に結集されます。つまり家の品質は、工務店の在り方、経営方針に大きく左右されます。
    職人が棟数に追われることなく、じっくり腰を据えて仕事にかかることができれば、品質はおのずと高くなります。 工法にも同じことが言えます。昔ながらの工法は手間がかかる。手間がかかれば、時間がかかる。しかし、日本の風土の中で生き残り、歴史に証明された工法で建てられた家の良さには疑問を挟む余地はありません。
    こうした問題意識を常に持って仕事をしている工務店には、必然的に優れた職人が集まってくるのです。
  3. 少数精鋭
    少数精鋭で施工
    技術の高い職人は棟数を競う企業とは付き合いません。また、企業の側としてもいちいち手間ひまをかける職人を使っていては棟数が稼げませんから、ちょうど磁石の同極同士のように、離れていってしまいます。
    面倒を面倒と思わない。自分の仕事が好きでたまらないから、完成したらだれの目にも触れない部分の作業でさえ決して手を抜かない。たとえ人には見えなくても自分には見える。板の向こうに失敗がある。その家の寿命が続くかぎりその失敗は消えない。そしてその家の寿命を確実に縮めているのが、自分の犯したミスなのです。そのミスを絶対に許せない気質を持った集団で家を建てれば、結果は自ずと見えてきます。
    職人の世界も狭い世界です。地元の小さな工務店が年を重ねるごとに良い職人との繋がりを深めていくのは偶然ではありません。また深まっていかないのであれば、何かがおかしいという証拠でもあります。

ごあいさつ

お客様との約束
香瑛住研は「こつこつ、じっくり」お客様に満足していただくための家づくりを行います。香瑛住研は「こんな家づくりがあったんだ!」と驚くお客様の顔を思い浮かべながら、家づくりを行います。
良い家を造る事。お客様に笑顔になっていただく事。何十年先の未来「香瑛住研に任せて良かった」とおっしゃっていただく事が、私たち香瑛住研の何よりの喜びです。

事務所情報・ホームページ
  • 代表者名 野口 博史
  • 住 所  愛知県一宮市北方町北方新堤下162番2
  • リンク  ホームページ

地図情報

関連記事

  1. NATUREスペース株式会社【日進市】

  2. 有限会社リブ設計【江南市】

  3. ネイエ設計【名古屋市】

  4. 風建築工房【日進市】

  5. 株式会社 鈴木工務店【新城市】

  6. 株式会社 アースデザイン設計【名古屋市】