株式会社 戸田工務店【新城市】

「50年後に古民家になる家」を目指しています。

事務所からのご案内

美しい設計の間取りを、自然素材や天然乾燥材を使い、職人の技によって建てる。それがTODAの家づくりです。そのすべては50年後の未来を見据えてのこと。選び抜かれた確かな材料を使い、鍛え抜かれた確かな技でつくられたかつての民家が、今も美しい古民家として価値を残しているように、TODAの家も50年後に古民家と呼ばれたい。いつまでも凛と美しく、ずっと家族の歴史を刻んでほしいと願っています。
TODAの家づくりは、既製品をほとんど使いません。お客様の理想の暮らしや、時にはお客様自身が気づいていないような小さな「好き」、を設計士が丁寧に聞き出し、形にしていきます。じっくりと、時間をかけて。
TODAの家には、ひとつひとつ物語があります。力強い柱や梁には、長い時間をかけて育ってきた木々の物語が。一枚一枚手づくりの建具には、その形に決まるまでの物語が。そして、物語を刻んできた古民家から頂いた古材や味わいのある古建具を、新たに取り入れることも。TODAの設計士たちと一緒に、あなたの家族だけの新しい物語を描いてみませんか?

想い・コンセプト
  • 設計へのこだわり
    設計集団が良いデザインを産みだして、良いデザインが人の暮らしに意味をもたらします。TODAの前身は設計事務所です。TODAはデザインを実現するために、自然と自社で施工力をもつ、設計・職人集団になりました。自然素材、古民家、古材、伝統構法そういったTODAの魅力に惹かれて集まった意識の高い設計士たちが真摯にデザインと向き合い、手仕事、伝統の継承に想いを馳せる若い大工職人たちが集い、その夢を形にしていく。だから「職人夢工房TODA」なのです。
  • 手仕事へのこだわり
    かつて「棟梁」は武士や僧侶の社会の筆頭格を指す言葉でした。棟と梁という、建物において重要な構造をたとえに用いた言葉で、現代でも木造建築物の采配を行う責任者としての尊称です。「棟梁」は、建築基準法ができる前までは建築設計士であり、現場監督であり、積算者であり、渉外者であり、職人であり、経営者でありそれらを全て兼ね備えた者を指し、かつては地域の中でも一番のエリートでした。TODAはそんな「棟梁」を育て、次世代に継承したい。50年後の未来を見据えて…
  • 素材へのこだわり
    天然の無垢材や自然素材などは、素材そのものが呼吸をしています。その素材たちの自然の息づかいが、空気を浄化し、湿度を調節し、住まう人の身体や心に安らぎを与えてくれます。また、使い込むほど味が出てくるのも自然素材のよいところです。建てた瞬間が一番美しい新建材の家とは違い、自然素材は時が経つほどに艶が増し、手を加えることで美しくなっていき、家族の歴史を刻んでいきます。さらに年月を重ね、役割を終えた自然由来の材料は土に還り、環境に悪影響を及ぼしません。自然素材でつくる家は、まさに自然と共存する家なのです。

ごあいさつ

季節ごとに違った表情を見せる四季。自然の豊かさに包まれた日本の暮らし。自然と人間が調和するために、かつては、その土地、その土地にあった家づくりの技術があり、その技術は代々継承されてきました。
しかし、戦後の高度経済成長期、人々はより豊かになるために、古いものを捨て、新しい物を求めました。それを実現するために建築の世界も、より合理的・効率的な家づくりが広まっていきました。
その結果、目の前に広がるのは、土地の持つ特徴に関係なく個性を忘れた同じような家が立ち並ぶ風景。私たちは本当に豊かになったのでしょうか。本来家とは、土地の風土に合わせ、住む人の価値を投影し、大切に手入れをしながら何十年・何百年と住むことができるものではないでしょうか。
時代に取り残された歴史のある家は老朽化し、取り壊されていく。TODAはそういう現状を憂い、自分たちが建てる家はどうあるべきかを深く自問自答しました。その答えが「50年後に古民家になる家」を提供することです。
※国の登録有形文化財制度が築50年以上経過した建物を対象にしていることに準じて、古民家を築50年以上の建物と定義。

事務所情報・ホームページ

地図情報

お問い合わせ

    関連記事

    1. リノクラフト株式会社【豊橋市】

    2. SHABURI DESIGN建築デザイン事業【名古屋市】

    3. 安藤建吾設計事務所【豊山町】

    4. ユートピア建設株式会社【岡崎市】

    5. てくとの家【岡崎市】

    6. 吉村真基建築計画事務所【名古屋市】